観光施設 避難対策 マニュアル 課題

観光施設 マニュアル 避難対策

Add: ucawugo66 - Date: 2020-11-21 12:07:53 - Views: 1202 - Clicks: 769
/18622/73 /55/7a5c4424a /66/501bdd36 /21

観光施設 避難対策 マニュアル 課題 島町の観光防災対策の実態調査5)が指摘するように役場、 宿泊施設経営者の各々による事前の防災対策が重要である。 中山間観光地においては、宿泊施設経営者の参画による豪 雨災害避難システムの構築が求められる6)。. ②平常時の減災対策による観光危機に強い観光地づくり ③観光危機発生時の観光客への情報発信、避難誘導・安全確保、帰宅困難者対策等の体制整備 ④観光危機後の風評被害対策、観光産業の早期復興・ ¦業継続支援等の体制整備. 神奈川県地域防災計画とは、災害対策基本法に基づき、神奈川県防災会議が作成する、県の防災対策の根幹をなす総合計画です。県、市町村、指定公共機関等が実施する以下の具体的対策を定めています。 都市の安全性の向上. 避難訓練の実施及び参加(避難目標地点、避難経路等の設定) 宿泊施設、観光施 設、旅客等の集客 施設 施設の津波避難計画の策定(観光客、旅客等の避難誘導、緊急 避難場所・避難路等の指定) 1. ここ数年、各社とも国内企画商品の伸びが顕著だが、その内容を検討すると宿泊商品を企画商品化したものが多いことがわかる。大手4社の宿泊と国内企画商品の合計取扱額の推移をみると、国内企画商品が増加した分、宿泊を含む「総合旅行=個人手配旅行」が減少するという傾向が窺え、結果として国内宿泊の取扱総量はほとんど変化していないと見られる。 株式会社ツーリズム・マーケティング研究所. 地域にはさまざまな観光資源が埋もれている。従来の「観光資源」という概念からは外れるため、その地域の人々には観光資源としての価値を見出されないような「あたりまえの生活の一部」も、観光客の視点で見ると大きな魅力をもつ資源である場合が少なくない。このような埋もれた観光資源を発掘し、新たな観光魅力として都市住民に紹介し、さらに「観光商品」としてマーケティングすることができれば、地域にとっては大きなプラスとなりうる。 国内の自治体は、それぞれ「商工観光課」、「産業振興課」などの部署を持ち、地域の観光振興を推進しているが、著名な観光地をもたない多くの自治体の悩みは、地域のすばらしい観光資源を旅行商品として流通させ、都市住民にマーケティングすることができないことにある。これらの自治体は、旅行会社との接点が見つからず、独自でマーケティング活動を行おうとするが、力量・スキル両面で不足しており、結果を出せないでいることが多い。. 3策定)の廃止 平成26 年1 月の「宮城県津波対策ガイドライン」改定は,同施設整備指針の内容. 平成15年度 宮城県津波対策ガイドライン 津波避難のための施設整備指針 3.

バブル経済の崩壊以降、国内団体旅行は減少の傾向が続いたが、90年代後半からわが国の経済環境が厳しさを増したことに伴い、企業の職場旅行、招待旅行などの団体旅行の減少は加速している。大手4社の国内団体旅行取扱額は1997年から年までの4年間で600億円(約20%)減少した。企業の経費削減が緩められることは期待しがたく、また、団体旅行という旅行スタイルそのものを敬遠する傾向はあるが、そうした中にあって企業内のネット化・個人化によって希薄になった社員間コミュニケーションの活性化を図るための企業コンベンションや、旅行の持つ販売促進効果に着目したインセンティブ・イベントなどの企業主催行事、趣味を同じくする人たちのグループ旅行など、今後の拡大に期待が持てる分野もある。 また、従来旅行会社にとって大きく堅実な事業分野であった教育旅行市場では、少子化により中高校生の人口が今後ますます減少すると推定されている。その結果、修学旅行の規模(クラス数)の縮小が進むとともに、海外修学旅行へのシフトにより国内修学旅行を実施する学校数も減少すると見られる。さらに、クラス行動や班別行動など新しい修学旅行の. 【問い合わせ】防災課災害対策推進係 (電話:) 区では、近年発生した災害の状況など防災を取り巻く状況の変化を踏まえ、平成27年に発行した「渋谷区民防災マニュアル」を改訂しました。. 平成20年3月策定 1. 令和2年3月改定について 避難者の生活の質に関わるトイレや寝床等の環境改善を図り、要配慮者の方や性差の違いによるニーズの違いに配慮するとともに、多様な人々が避難所運営に関わることができるよう見直しをしました。. (課題) ・必ずしも全ての施設がバリアフリーとなっていない。 ・避難生活を支援する人材の確保・派遣対策が必要。 ・帰宅困難な観光宿泊者との仕分け方法 個々の施設ごとに立地や設備面等の事情が異なることから、活用の方法や要配慮. 観光地でもあるお台場地域は、昼夜・平日・休日を問わず観光客が訪れています。 また、お台場地域には、商業施設をはじめ、事業所もあり、多数の従業員が勤務しています。. 観光防災について 観光客の防災対策啓発リーフレット「観光客を災害から守るために」 平成27年3月、県では、いざという時に観光客の避難誘導等を迅速、的確に行うことで、魅力的で安全・安心な観光地をつくることを目的に、観光事業者や観光関係団体等を対象とした観光客の防災対策啓発. 本州最南端に位置し、古くから津波の来襲により大きな被害を受けてきた串本町(和歌山県)では、住民ワークショップや関係機関との協議により「串本町津波防災対策本計画」を策定し、「逃げる対策」(ソフト対策)と「避難を助ける対策」(ハード対策)の両面でさまざまな対策や施策を実施しているほか、整備目標・整備スケジュール等を盛り込んだ行動計画(アクションプラン)を定め、住民の理解と協力のもと、“津波に強い串本町”を目指しています。 その一例として、自主防災組織が2年をかけて避難経路を整備し、地震発生から約5分で安全な高台にある運動公園に住民が避難できる対策などを実施しています。 串本町では地震発生後、短時間で津波が来襲し、現状の海岸施設で津波を防ぐことは困難であるほか、被害軽減や災害時要援護者のための自助・共助、将来を見据えた長期的な津波対策も重要であるとの認識から、①「揺れたら逃げる」の徹底、②安全に避難ができるまちづくり(避難困難地域の解消)、③地域で取り組む防災対策、④津波に強いまちづくり―といった4つの津波防災対策の基本方針を定めています。.

ない。特に児童福祉施設は全体の3%。 生活相談員の配置が不十分で、10人 に1人未満の市町村は半数以上。 発災時の施設職員向けマニュアル等作成が十. 防災対策上の重要課題 ①行政機能の低下 ②多数の被災者の発生 ③避難所の不足 ④道路交通機能の麻痺 ⑤生活必需品の不足 ⑥情報通信手段の途絶及び情報の錯綜 ⑦復旧・復興の遅延 対策の方向性 ①行政機能の確保 ②建築物耐震化 ③火災対策 See full list on jt-tsushin. 本マニュアルの対象は、小規模な社会福祉施設や有床診療所等の医療施設のうち、 自力避難困難な者が利用する施設で、次の5つの条件にすべて該当する施設です。 避難上有効なバルコニー等または防火区画が設置されていないもの。 本マニュアルでは. 8mと広くとり、住民が協力して子供やお年寄りの手を引いたり、担いで登ることも想定してつくられています。土木学会と協働で地震で停電になった際も安全・確実に住民が高台に避難できることを目指した「暗闇時高台避難の誘導に関する実験」も実施しています。 黒潮町における南海トラフ地震・津波の防災計画は、避難をあきらめてしまう「避難放棄者」を出さないという基本理念をもって構築されています。. 7 避難路の検討.

平成24年3月に国が公表した「「南海トラフの巨大 地震による震度分布・津波高の推計」で、最大震度7・最大津波高が34. 2 津波避難ビル等の考え方 3. 厳しい宿泊業の財務状況 1980年代から90年代前半に掛けて、バブル経済に伴う国内旅行市場の拡大と消費単価の増加を背景に、国内の宿泊施設は客室の新増築、宴会場・コンベンション設備、大浴場等の新設・改修など、効率性のよい団体旅行を目当てにした大規模の投資を行った。当時は金融機関も融資を促進しており、高水準の金利で多額の借り入れを行った宿泊施設が多くあった。その後、急激に市場環境・経営環境が変化したことに伴い、当時の投資が現在の宿泊施設経営の大きな足かせとなっている。 大型投資の金利返済や減価償却によりコストが嵩む一方で、バブル崩壊以降法人需要が急激に冷え込み、目当てにしていた団体旅行が減少した。これに伴い宿泊単価と総消費額が下落し、宿泊業の収支は急速に悪化した。すでに大規模な投資により施設を保有してしまっているため、施設のランニングコストや減価償却費、固定資産税などの固定費を削減することが困難になっており、現在、国内の宿泊施設の過半数が赤字経営となっている。損益が悪化することにより投下した資金が回収できず、かえって負債額が膨らむ結果となり、債務超過に陥る宿泊施設が続出している.

京都市は大規模災害時に発生する帰宅困難者に着目し、その総数を37万人と推定した。その上で、京都市においては帰宅困難者に観光客が含まれることから、関係団体や民間企業との連携による帰宅困難者対策の構築が課題であるとして、年に「ターミナル対策(京都駅周辺)協議会」「観光地対策協議会」「事業所対策協議会」からなる検討体制を構築した。 3種の協議会のうち、「観光地対策協議会」における検討の成果は、年に『京都市観光地避難誘導取組指針』、ならびに清水・祇園地域と嵯峨・嵐山地域における『帰宅困難観光客避難誘導計画』として取りまとめられた。 京都市の避難誘導計画では、観光客に対して正確な情報を伝えるとともに、一斉帰宅の抑制によりターミナルへの集中を回避し、二次災害を未然に防ぐという指針が示された。発災後、観光客はまず一時滞留場所となる「観光客緊急避難広場」へ誘導され、水道とトイレの使用、公共交通機関の運行情報や災害対応情報などの提供等を受ける。その後、休憩や宿泊が可能な「観光客一時滞在施設」へと誘導され、公共交通機関が復旧する3日後までを目途に支援を受けて滞在し、その後順次帰宅することとなる。 図2 京都市における帰宅困難観光客の避難誘導イメージ(『帰宅困難観光客避難誘導計画 概要版』から抜粋 9)) なお、「観光客緊急避難広場」および「観光客一時滞在施設」には公園や博物館といった公共施設だけでなく、八坂神社、清水寺、天竜寺、伏見稲荷大社等の民営施設が含まれる。京都市は施設を運営する民間事業者との協定締結によって避難広場や滞在施設を拡大しており、年10月時点で京都市内の「緊急避難広場」は50箇所、「一時滞在施設」は143箇所となっている 10)。京都市内の観光地区における民間施設を包括した避難誘導の有効性については、学術的な観点からも一定の検証がなされている 11) 12)。. 災害発生マニュアル 災害は時と場所を選びません。園児の在園時に災害が発 生又は災害の影響を受けた場合には、災害発生の時間帯、 季節等によって、引率者が行うべき避難誘導などの行動が 変わるとともに、その行動により、園児の身の安全等を大き. 日本の年齢別人口構成の変化に伴い、旅行市場にも変化が現れている。世代人口1000万人を擁する「団塊世代」が50代の中盤にさしかかり、新たな国内旅行市場のけん引役となることが期待される。この年齢層は、リストラ等収入減のリスクはあるものの、住宅ローンや教育費の負担が軽減し、旅行等に支出できる「実質的な可処分所得」はむしろ増加すると見ることができる。 高度成長期を通じて豊富な消費体験を持ち、さまざまな志向をもつに至った団塊世代に対して、満足できる商品、サービスとそれに見合った価格体系を提供することで、新たな旅行需要を刺激し創造することが可能となる。 総務省統計局 人口推計. 「リーダー(又は事務長)は避難後、速やかに職員の避難状況の確認を行ってくだ さい 。」 6.避難するときの注意 ・ 非常持出物品を持って避難する。 ・ エレベーター は使用しない。 ・ 施設に不慣れな来客者や障害者の方などの避難を積極的に支援する。. 2. なぜ避難対策が必要なのか 2.1 火災と地震・津波 では、なぜ観光地においてでお客様の安全を考えた避難対策が必要なのでしょうか? みなさんが、デパートやホテルなどの入り口でよく見かける「適マーク」。このマークは、. 先の阪神・淡路路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災等の大規模災害における教訓を踏まえて、障害者や高齢者などの災害時の要配慮者について、避難情報伝達や避難支援に関する対応など、より一層のきめ細やかな支援体制を整備することが. 避難所運営を行う上では、地域の土地柄やそこに住む方々の状況などによって、避難所ごとに重要となるポイントが異なる場合があります。 また、これまでの経験をもとに、避難ルールや災害時の手順を既に定めている地域もあります。 このため仙台市では、地域団体の方々や避難所の施設管理者の皆さんとともに、避難所運営に関する話し合いを行い、地域の実情を反映した「地域版」避難所運営マニュアルの作成を進めていきます。 掲載しているマニュアルは、仙台市の避難所運営に関する共通事項を示したものですが、各地域における避難所の位置づけや具体的な活用方法を記載する欄を設けているほか、「地域版」避難所運営マニュアル作成までの流れについても記載しています。 地域の話し合いにおいても、これらを活用しつつ、地域の状況に合わせたマニュアルの作成につなげてまいります。. 避難所運営マニュアル 1章 事前対策運営の基礎知識 自主受入れ避難所の対応での課題と教訓 自主受入れ避難所とは 市は避難所として指定していませんが、災害 時に地域で自発的に開設される避難所です。.

身の安全確保 緊急速報メールで 一斉帰宅抑制. ない。そのため、学校施設(体育館等)が避難所として開設された場合、避難 者の体調管理(避難所における暑さ寒さ対策)に配慮する必要がある。 特に災害時要援護者(高齢者等)の生活環境を維持するためには重要な課題 である。 観光施設 避難対策 マニュアル 課題 平成16年新潟県中越. このマニュアルは、今後の災害の経験や訓練での成果等を踏まえて、より実効性のあるマニュアルとなるよう継続的に見直します。 1. See full list on jata-net. 地震などの自然災害が起きた際に住民の安全・安心を守る対策について、先進的な自治体トップや担当者、支援企業に取材した「自治体通信Online」掲載の事例記事を紹介します。是非、参考にしてください。 <参照元> 中央防災会議「大規模地震防災・減災対策大綱」 pdf 浜松市「津波防災地域づくり全国先進事例集」 pdf 串本町「串本町津波防災対策本計画」 pdf 黒潮町「第4次 黒潮町南海トラフ地震・津波防災計画の基本的な考え方」 pdf 山元町「山元町地域防災計画」 域と区役所との連携や避難者の管理など、多くの課題が残りました。 そこで、このマニュアルは、東日本大震災の教訓を踏まえた見直しを行 い、自治会・町内会をはじめとする各運営委員会の皆様がイメージしやすい. 妊産婦・乳幼児に対する支援のポイント(避難所運営者・支援者向け) (2) 災害時のトイレの確保について、備蓄しているトイレの紹介や組立方法に関する情報を掲載しております。 1. 観光客等帰宅困難者対策(1) 18.

観光施設 避難対策 マニュアル 課題 観光施設 避難対策 マニュアル 課題 する九州大学災害対策本部(以下「対策本部」という。)を設置する。 (2) 対策本部の組織は別紙6(P17)、業務内容は別紙8(P19)のとおりとする。 (3) 重大な災害が勤務時間外に発生した場合は、総長又は出勤できた上位の職員が対策. 観光客に対する帰宅支援が落着し、応急的な対応が中心となる「発災期」から「事後」へと移行しつつある中で、観光産業における経済的な損失は今後も拡大することが見込まれる。北海道庁は、発災から15日までに発生した道内宿泊施設の予約キャンセルはのべ94万2千人、観光全体の推計損失額は約292億円であり、これは今後さらに増大する可能性があると発表した 16)。これは農林水産の被害額397億円 17)の7割超に相当し、土木インフラの被害額1千億円 18)の3割程度に相当する。民間事業者の損失も拡大しており、JR北海道は地震による同社の減収額が11億円を超えると発表した 19)。 一般に観光産業は季節性が高く、また供給を在庫として留め置くことができないため、災害による需要の低下が経営状況の悪化や、廃業に直結する可能性が想定される。また、著名な観光資源や大規模な宿泊施設といった、ある地域の観光需要を量的に担保する存在が毀損された場合、その影響は周辺の事業者にも派生し、地域内の産業が連鎖的に疲弊することが想定される。災害後に観光産業を維持しつつ地域の活力を取り戻すには、地域防災計画とは異なるアプローチが求められる。 そのような試みが計画に落とし込まれた例として、沖縄県が年に策定した『沖縄県観光危機管理基本計画』、および年に策定した『沖縄県観光危機管理実行計画』が挙げられる。 計画の中で、沖縄県は「観光危機管理」を「観光客や観光産業に甚大な被害をもたらす観光危機を予め想定し、被害を最小化するための減災対策、観光危機発生時における観光客への情報発信、避難誘導・安全確保、帰宅困難者対策等の迅速な対応、観光危機後の風評被害対策、観光産業の早期復興・事業継続支援等を組織的かつ計画的に行うこと 観光施設 避難対策 マニュアル 課題 20)」として定義した。 図3 沖縄県における観光危機管理対策の基本方針(『沖縄県観光危機管理基本計画』から抜粋 21)) 施設の破損や交通の寸断といった直接的な被害を乗り越えたとしても、観光需要は即時に回復しない。需要を発災前の状態にまで回復させるためには、応急的な復旧の完了後にも継続的な対応が求められる。沖縄県の計画においては「危機からの回復(Recovery)」がその段階に相当する。また、危機管理の定義において「風評被害」が挙げられていることからも分かるように、災害で直接の被害を. ここ1、2年の間にADSLおよびケーブルTVの急速な普及により、家庭からインターネットへのブロードバンド接続数が急増している。総務省によると、 年末には900万世帯がブロードバンドに接続されており、年末には1000万世帯を大きく上回ると予測されている。常時接続の高速回線が定額で利用できるようになり、家庭におけるインターネットの利用が大きく変化した。その結果、中高年齢者を含めて、あらゆる性・年齢層にインターネットの利用および電子商取引が拡大した。 「インターネット白書」によると、インターネット利用者の90%弱がオンラインショッピングを経験しており、ほぼ全員が商品・サービスの購入のためにインターネットで情報収集をしている。なかでも旅行関係は、書籍・雑誌に次いでインターネットで情報収集する人の割合が高く(48.

避難所で実施すべき業務は多種多様です。食料や飲料水の提供からごみ処理等の衛生管理まで生活全般の広い範囲にわたります。また、同じ業務でも責任者や当番となった場合等、立場や関わり方で違いが出てきます。 さらに、業務にあたる人の負担を軽減するためには出来るだけ交替で実施するなど、避難者、市担当者、施設管理者が協力して対応することが必要です。. 1 福祉避難所とは何でしょうか?一般避難所とのちがいは? 被災者は避難所に避難します。 〈コラム1〉災害時の避難所を、安心拠点にするために. 地域版避難所運営マニュアルは、それぞれの地域の特性等によって、様々な形態のものが作られています。 他の地域においてマニュアルを作る場合、又は内容の修正を行う場合の参考となるよう、以下の表において、特徴のある事例やその地区ならではの事例をいくつか紹介します。 (マニュアル本文については、個人情報等が含まれているため掲載しておりません。). なり足止めを被った.これを契機として,近年,観光客 の初動避難体制のあり方が問題視されるようになった. また,年に北海道により発表された千島海溝でのl2 地震津波による浸水想定(図-2)によれば,観光施設に. 内閣府の「大規模地震防災・減災対策大綱」では、津波の事前防災について次のような指針を定めています。 ①海岸堤防等の整備 防潮堤の整備強化や現在ある防波堤の老朽化調査と補強工事を実施する。水門を閉める際の逃げ遅れを防ぐため、開閉式の港の水門を無くし、それに代わるものを設置する。海岸の防災林はある程度の津波に対して被害軽減効果があり、造成や植栽等の整備を進める。交通インフラ機能と防波堤機能を兼ね備えた高速道路などの整備も進める。 ②施設の耐浪化 行政機関の施設の整備、学校・高齢者施設などの耐久化や安全な場所への配置見直しなどを検討する。安全な高台への避難路や避難階段の整備などの対策も講じる。 ③災害リスクに対応した土地利用計画 東日本大震災クラスの津波の被害が及ぶと想定される地域には、公的機関や医療機関を建設する際や住宅の新築に関しても人命を守るため法律を整備して一定の制限をかける。 ④安全で確実な避難の確保 安全が確実な避難場所の確保や情報ツールを拡充し、適切な避難を促すための周知を行う。 ⑤ハザードマップ等の整備促進 ハザードマップの見直しおよび住民への周知のほか、観光地などでは想定される浸水の表示や避難路の誘導標識などを設置する取り組みも推進する。津波災害警戒区域内では定期的避難訓練を行うよう、自治体で助言や支援を行う。 ⑥津波避難計画の策定促進 安全確実な避難を徹底するために、沿岸部の自治体では町や地域ぐるみで避難計画書を作成する。避難方法は原則的に徒歩とする。港の安全管理、船舶の避難、レジャーのため海に訪れた人の避難誘導、避難所の整備なども周知や強化を図る。 ⑦安全な避難空間の確保 大津波が来ることを想定して避難所、避難施設、避難路、避難階段などの施設を安全に設置するため、国有地や公用地の有効活用を図る。避難所、避難施設には災害時に備え暖房機の設備や暖房用の燃料、毛布などを備蓄する。海岸の防波堤を全て完成させるには長い年月がかかるので、確実に安全な高さの土地に避難所と避難する際の避難経路も整備を進める。 ⑧情報伝達手段の多重化・多様化 防災無線やJ-ALERT(全国瞬時警報システム)など、インターネットや電波を利用したあらゆる伝達手段で多重化、多様化を推進する。 ⑨適切な避難行動の周知徹底 国や地方自治体は想定外の津波に備えて、避難ためのガイドライン、マ.

. 1 避難路・避難経路の検討 3. 富士河口湖町は年度に『富士河口湖町観光安心安全マニュアル』を作成し、町内の観光事業者に配布した。マニュアルでは自然災害や事件などの発生時に、必要となる対応と行動目標の設定方法が解説されている。 さらに年度以降、ピークシーズンに発生する可能性のある帰宅困難者数を推計し、観光客の一時滞留場所や収容施設、主体間の役割分担などを検討した。その成果は『富士河口湖町観光防災の手引き【発災時対応編】』として取りまとめられた。 手引きでは、発災から72時間までを一定の時間ごとに区切り、各区間における観光客の誘導指針を定めるとともに、行政・団体・事業者など関係する主体それぞれに対して担うべき役割と連絡方法を規定している。このほか、宿泊施設が発災後すぐに取組むべき項目のリスト(継続宿泊機能の確保を企図)や、外国人観光客対応の考え方、事前の備えについても言及がなされており、計画から実践まで、平時から有事まで、さまざまな現場での活用が想定されている。 図1 富士河口湖町における観光防災対応の基本的な流れ(『富士河口湖町観光防災の手引き【発災時対応編】』から抜粋 観光施設 避難対策 マニュアル 課題 8)).

. 4mという、日本一厳しい数値が出た黒潮町(高知県)では、「総力戦」をキーワードに、20項目にわたるきめ細かなとした「防災文化(ソフト事業)」と「防災文明(ハード事業)」の構築を目指した具体的な整備事業や施策などを実施し、バランスがとれた「防災に強いまちづくり」を進めています。 たとえば、避難場所になっている高台に通じる階段には、素早く避難できるよう、手すりには畜光材を使用し、曲がり角には照度センサーを設置したほか、階段の幅は1. 3 活用可能な避難場所・津波避難ビル等の設定 3. 福祉避難所マニュアル~災害時要援護者対策の充実を目指して~ index はじめに. 4 避難所となった学校における施設面での課題等 前述の「備えられていなかったために困った」学校施設の現状と課題 避難所となっている体育館 内にトイレがないため、屋外 トイレを利用。高齢者等が往 復するのに不便であった。 また、グランド等で車中泊. 平成30年3月の改定について 過去の災害において、男女共同参画の避難所運営、プライバシーの確保、女性や要配慮者への配慮、避難者の健康管理の課題が指摘されたことから、これらについてマニュアルの内容を見直しました。 また、新たに概要版を作成し、基本方針、避難所運営委員会の各班の役割、初動チェックリスト、避難所レイアウトの例を示しました。 1. ・グループ補助金による施設や設備の復旧 ・企業立地の支援 等 (3)課題と対策 シーパルピア女川(女川町) (2)成果 生産設備はほぼ復旧、観光振興や風評の払拭等を支援 水産加工業の復興 (気仙沼市). 従来の多くの観光地では、従来の宿泊業やアトラクション、みやげ物屋などのいわゆる「観光関連業者」が積極的に観光客を受け入れ、地域に対しては「閉じて」いた。しかしながら、旅行スタイルの変化とともに、旅館や観光施設のみならず、訪れた地域全体の自然や生活文化を楽しみたいという傾向が強まってきた。これからは、観光関連施設が地域に対して開かれ、地域全体が観光客を受け入れることにより、地域の活性化と経済効果を享受できるというあり方を目指す観光地が増えると見られる。 こうした流れの中で、地域住民を巻き込んだ観光関連のNPOが各地で設立され、観光をベースとした地域活性化への地道な取り組みを行っている。従来旅行会社と観光関連のNPOとの間では、利潤追求の企業と非営利団体との性格の違いから、相互の接点はきわめて限定的なものであったが、観光関連NPOを支援しつつ、これらと連携して新たな観光資源を開発・商品化することは、国内旅行活性化にかかわる今後の旅行業の課題となる。.

観光施設 避難対策 マニュアル 課題

email: wequzofu@gmail.com - phone:(981) 984-2853 x 4523

二次元コミックマガジン オークのための女騎士対策マニュアルvol.2 hitomi la - マニュアル

-> Philips series 9000 マニュアル
-> コーディングマニュアル 改訂 案

観光施設 避難対策 マニュアル 課題 - Flir manual


Sitemap 1

アフィリエイト 完全マニュアル - 避難対策 観光施設 マニュアル